ホーム  >  ホームインスペクション

士業紹介

新築一戸建てホームインスペクション(住宅

新築一戸建てホームインスペクションとは?

「新築一戸建てホームインスペクション(住宅診断)」とは、新築戸建を対象としたサービスです。建物に精通したホームインスペクターが、客観的・専門的な見地から、新規に建てられる戸建てについてホームインスペクション(住宅診断)を行うものです。

なぜホームインスペクションが必要なの?

戸建ての施工精度にはバラツキがあるのが現実です。例えば、大量生産の建売住宅は現場監督の目が行き届かないことも少なくありません。
そのため、「当たり」と「外れ」が生じてしまいます。
そうでなくても、お客様が施工の全てを把握できるわけではありません。
入居後に住宅の欠陥が見つかるというリスクは常につきまといます。
そこで、専門家による診断がリスクの低減に役立つのです。

中古一戸建て・中古マンションホームインスペクション(住宅診断)

中古一戸建て・中古マンションホームインスペクションとは?

「中古一戸建て・中古マンションホームインスペクション(住宅診断)」とは、中古一戸建て・中古マンションを対象としたサービスです。建物に精通したホームインスペクターが、客観的・専門的な見地から、すでに使用されている住まいについてホームインスペクション(住宅診断)を行うものです。

なぜホームインスペクションが必要なの?

住まいは、時間の経過と共に劣化します。
大事なのは、その劣化がどの程度か?ということです。 住まいの劣化具合を専門家に判断してもらうことで、リフォームや修繕に「いつごろ」「どこに」「どのくらいかかる」かの目安になります。
内装の痛みだけでなく、配管類などの状態もチェックしてもらうことで、入居後に発生するトラブルを未然に防ぐことができます。内覧だけで、お部屋の全てをチェックするのは難しいでしょう。そこで、専門家の目が役に立つのです。

入居後のリスク

サービスを受けるメリット

ホームインスペークターが仲介人になります

契約前に物件の出来を把握できます

ご購入後も安心してお住まいいただけるよう、
是非ともホームインスペクションをご利用ください。

メールでのご相談はこちら

ページトップへ