ホーム  >  会社のビジョン

当社のビジョン

 

21世紀を迎えた今日、世界は情報革命という劇的な変化のなかにあります。あふれる情報の渦の中で、我々のクライアントは、さ迷いもがきながら、しかし時に何かを選択しなければならないという、大変困難な状況に置かれています。情報ビッグバンと言われる現代社会は、多種多様な価値を産み出す一方で、それらを選択する個人の能力の限界や、専門家と呼ばれる人たちの倫理観という重大な問題をも現出することになりました。供給サイドである我々不動産業界はどうでしょうか?果たして、ユーザーの不安や疑問に対して、効果的なサービスを提供できているでしょうか?残念ながら、まだまだ不十分だと言わざるを得ません。このような観点から、当社の目指す未来像(ヴィジョン)を5つの宣言に託してご説明いたします。

 


■お客様主義宣言

先ず最初に、CS=お客様の満足を何よりも優先します。専門家としての倫理観が厳しく問われる今日、お客様からの信頼を得られる、安全で確実な情報を提供し、取引を行うことこそが畢竟、企業存続の生面線と考えるからです。第一義に、お客様のために何ができるかを考え、お客様の視点に立って考えることを宣言します。お取引の最後に「あなたに頼んで良かった!」と言われることを当社究極の目標とします。

 

お客様主義宣言

■情報サービス宣言

次に、お客様からの要望に対し可能な限り迅速にお答えいたします。インターネットに代表される、先進のテクノロジーを最大限に利用することはもちろん、その他のあらゆる手段を通じて地域情報を始めとする、税務・法務・資産運用に至るまでの幅広い情報と、実践に裏付けられた有益な情報を提供いたします。そして、お問合せには、一日以内にお答えします。

 

情報サービス宣言

■ワンストップショッピング宣言

街に連なる不動産店舗は、看板はともかく実際には、賃貸専門、売買専門と住み分けが進む傾向にあります。しかし、お客様にとってはどうでしょう?同じ不動産の相談で、賃貸だったらこちら、売買だったらあちらとその都度新しいお店を探しに出かけなければならないのは、とても不便です。できれば1軒で全てを済ませたい、賃貸・売買どちらが良いのかも相談してみたい、そう考えるのはごく普通でしょう。ユーザーの意向に沿った守備範囲の広い、不動産のワンストップショッピングを目指します。

 

ワンストップショッピング宣言

■アフターサービス宣言

何が足りない、と言っても「アフターサービス」ほどクライアントから期待されていながら、実際には満足に行われていないものはありません。「アフターサービス」は自社宣伝のためのお題目ではありません。本質的には、企業哲学の問題と心得て、日々具体的に取り組んでまいります。

 

アフターサービス宣言

■情報開示宣言

次に、どのような効果的なサービスを提供しても、それが目に見える形で紹介されたり、報告されていなければ、周囲からの理解は決して得られないでしょう。実際に提供されたサービス業務については、これを定期的にご報告いたします。それは、とりもなおさずお客様にとっての、大きな安心感に直結するからです。

 

情報開示宣言

ページトップへ